消防設備業総合保険のご案内
home
消防設備業総合保険タイプ選定
A型 賠償責任保険(保守業務用)
B型 賠償責任保険+組立保険(新設・増設工事用)
C型 労災上乗せ保険
D型 賠償責任保険 (消防防災訓練用)
e型
G型 賠償責任保険(防火対象物点検業務用)
J型 情報漏えい保険(サイバーリスク付)(情報漏えい用)
PS型 PL保険(販売業務用)
タイプ選定 フローチャート
加入手続・資料請求
保険会社
設備協会一覧
F型 パソコン保険  
サイバー攻撃などによる情報漏えいまたはそのおそれに起因する損害を補償する保険です。
それ以外にもサイバーセキュリティ被害、ネットワークの停止による損害まで補償の対象になります。
業務災害補償保険(業務災害総合保険)の特長
保険金額と保険料は「年間売上高」によって決まります。
売上高 J−T
賠償責任 500万円
事故対応費用 200万円
J−U
賠償責任 1,000万円
事故対応費用 400万円
5億円以下 43,000円 59,000円
5億円超10億円以下 70,000円 95,000円
〈ご注意事項〉
・売上高が10億円を超えるときは、別途お見積りさせていただきます。
・保険金額の設定は、1事故・期間中(賠償は1請求・期間中)の限度額となります。保険金をお支払いした際には、その金額が保険金額より控除されます。
・J型については、契約全体で保険期間中限度額が10億円となります。したがって、J型加入者全体で保険期間中限度額10億円を共有することとなります。
契約型(補償額)
貴社が業務を遂行するために、次の@またはAに掲げる事由に起因する損害に対して保険金をお支払いするものです。
@サイバー攻撃などによる情報の漏えいまたはそのおそれ
Aネットワークの所有、使用もしくは管理または情報メディアの提供にあたり生じた偶然な事由
 
対象とする損害 概要
賠償責任を
負担することによって生じる損害
上記@Aに起因して提起された損害賠償請求について、貴社が負担する損害賠償金、争訟費用等を補償します。
事故時の対応、事故後の
対策等のために必要な費用
ア.損害賠償請求が発生する恐れがある場合に、その事故に対応するため被保険者が支出した以下の費用を補償します。
情報漏えい対応費用、再発防止実施費用、謝罪文作成・送付費用、使用人等の超過勤務手当、臨時雇入れ費用、社告費用、コールセンター費用、弁護士相談費用、情報機器等修理費用、データ復旧費用、ウェブサイト復旧費用 等

イ. 不正アクセス等のおそれが発見されたことにより、不正アクセス等の有無を判断するために支出した外部調査機関への調査依頼費用やネットワークの遮断対応を外部委託した場合に支出する費用 等
※ 不正アクセス等のおそれが、次の@またはAのいずれかによって発見された場合にかぎります。
① 公的機関からの通報
② 貴社が所有、使用または管理するネットワークのセキュリティ運用管理を委託している会社等からの通報または報告
 
<情報サービス業者・電気通信事業者特約条項>(J型について)
被保険者が業務を遂行するために、次の@またはAに掲げる事由に起因する損害に対して保険金をお支払いするものです。
@ネットワークの所有、使用もしくは管理または情報メディアの提供にあたり生じた偶然な事由
A情報の漏えいまたはそのおそれ

1.賠償責任を負担することによって生じる損害
<1>提起された損害賠償請求について、貴社(被保険者)が負担する損害賠償金、争訟費用 など

2.事故時の対応、事故後の対策等のために必要な費用
<1>損害賠償請求が発生するおそれがある場合に、その事故に対応するため、被保険者が支出した情報漏えい対応費用、再発防止実施費用、損害拡大防止費用、謝罪文作成・送付費用、使用人等の超過勤務手当て・臨時雇入れ費用、社告費用、コールセンター費用、弁護士相談費用、求償費用、情報機器等修理費用、データ復旧費用、ウェブサイト復旧費用 など
<2>不正アクセス等のおそれが発見されたことにより、不正アクセス等の有無を判断するために支出した外部調査機関への調査依頼費用やネットワークの遮断対応を外部委託した場合に支出する費用 など
(注)2.<2>については、不正アクセス等のおそれが、次の@またはAのいずれかによって発見された場合にかぎります。
@公的機関からの通報
A被保険者が所有、使用または管理するネットワークのセキュリティ運用管理を委託している会社等からの通報または報告
※他人に使用させる目的で被保険者が製造、販売したネットワークまたは情報メディアに起因する事故は対象となりません。
<お支払いできない主な場合>
【賠償責任保険共通事項】
<賠償責任保険普通保険約款>
①被保険者または保険契約者の故意
②戦争、外国の武力行使、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
③地震、噴火、洪水、津波これらに類似の自然変象
④記名被保険者と世帯を同じくする親族に対する賠償責任
⑤記名被保険者の使用人等が記名被保険者の業務従事中に使用人が被った身体障害
⑥排水または排気(煙または蒸気を含みます。)による事故
⑦被保険者と被保険者以外の第三者との間に損害賠償に関する特別の約定があり、その約定によって加重された賠償責任 など

<賠償責任保険追加条項>
①原子核反応または原子核の崩壊
②石綿または石綿を含む製品の有害な特性
③汚染危険
 汚染物質の排出や公共水域への石油物質の排出などに起因する賠償責任
④専門職業危険
・医療行為、あんま、マッサージ、指圧、はり、きゅう、柔道整復、医薬品等の調剤、身体の美容または整形に起因する賠償責任
・弁護士、外国法事務弁護士、公認会計士、税理士、建築士、設計士、土地家屋調査士、司法書士、行政書士、獣医師その他これらに類似の者が行う専門的職業行為に起因する賠償責任 など
【情報サービス業者・電気通信事業者特約条項(J型について)】
①販売分析、販売予測または財務分析の過誤に起因する損害賠償請求
②履行不能または履行遅滞に起因する損害賠償請求。ただし、次のアまたはイの原因による場合を除きます。
ア.火災、破裂または爆発
イ.偶然な事故によるネットワーク構成機器・設備の損壊またはネットワーク構成機器・設備の機能の停止
③他人の身体の障害、財物の損壊もしくは紛失または盗取もしくは詐取されたことに起因する損害賠償請求。ただし、他人の紙または記録媒体が紛失、盗取または詐取されたことにより発生した情報の漏えいまたはそのおそれに起因して提起された損害賠償請求を除きます。
④保険証券記載の業務を除き、被保険者が開発または作成した情報メディアに起因する損害賠償請求
⑤特許権、商標権等の知的財産権の侵害に起因する損害賠償請求。ただし、著作権の侵害に起因する損害賠償請求を除きます。
⑥被保険者の業務の対価の見積もりまたは返還に起因する損害賠償請求
⑦被保険者によって、または被保険者のために被保険者以外の者によって行われた不正競争等の不当な広告宣伝活動、放送活動または出版活動による他人の営業権の侵害に起因する損害賠償請求
⑧次のアまたはイの事由に起因する損害賠償請求
ア.日付および時刻を正しく認識、処理、区別、解釈、計算、変換、置換、解析または受入できないこと。
イ.アに掲げる問題に関する助言、相談、提案、企画、評価、検査、設置、維持、修理、交換、回収、管理、
請負その他これらに類する業務またはアに掲げる問題の発生を防止するために意図的に行うコンピュータ等の停止もしくは中断
⑨株主代表訴訟等によってなされる損害賠償請求
⑩差押え、徴発、没収、破壊等の国または公共団体の公権力の行使に起因する損害賠償請求 など
【事故対応特別費用担保追加条項(サイバー保険用)(J型について)】
①損害賠償部分で保険金を支払わない場合に該当する事由または行為
②偽りその他不正な手段により取得した個人情報の取扱いに起因する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
③サーバーおよびその他記憶媒体に記録された個人情報データベース等に有効なアクセス制限が設けられていないことに起因する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
④被保険者の個人情報の取扱いが法令に違反し、主務大臣等によりその違反を是正するために必要な措置をとるべき旨の勧告、命令等がなされた場合において、その命令、勧告等がなされてから被保険者が必要かつ適正な措置を完了するまでの間に新たに発生したその違反に起因する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
⑤被保険者の役員に関する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
⑥派遣労働者が派遣先で行った行為に起因する企業情報の漏えいまたはそのおそれ
⑦被保険者が偽りその他不正な手段により取得した企業情報の漏えい
⑧サーバーに記録された企業情報に有効なアクセス制限等が設けられていないことに起因する企業情報
の漏えいまたはそのおそれ など
Page Top
※このページは概要の説明です。ご加入の際には必ずパンフレットをご覧ください。
Copyright(C) 一般財団法人 日本消防設備安全センター